一括見積もりを活用すれば賢くマンション売却ができる

つみ木の住宅

益々住宅地として人気です

模型と図面

ひばりヶ丘は東京都西東京市にあるひばりヶ丘駅を中心としたエリアで、住宅街の広がる町として知られています。かつては日本で最初に作られたマンモス団地のある場所として、全国の住宅建築のモデルにもなりました。現在もその佇まいは変わらず、建て替え等を行いながらも、大規模な住宅密集地として健在です。これらの団地は基本的に賃貸物件ですが、ひばりヶ丘には不動産物件も豊富に揃っています。東京都心部へ通勤するために移り住む夫婦や家族が多いため、ファミリー向けの物件は特に充実しています。もし不動産物件を探す場合には、ネットでどのような物件が販売されているか事前に調べておくことが大切です。大まかな土地単価やマンション価格の相場を調べておくと、実際に不動産会社を訪れた際に、調べた情報を基準として物件を探しやすくなるメリットがあります。

このエリアはファミリー層にとても人気がありますが、その理由のひとつとして、土地単価が手ごろなことが挙げられます。2015年のデータでは東京都全体の土地の平均坪単価は約278万円に対し、ひばりヶ丘の坪単価は約87万円です。23区内の中でも住宅地の多い板橋区が約143万円の坪単価であることを考えると、かなり手ごろな価格のため、金銭的な魅力が非常に大きいです。しかも交通アクセスの利便性は高く、池袋へは最短で15分ほどで行くことが出来ます。更に、東京郊外にありながら、駅周辺の商業施設は充実しているため、日々の生活における買い物に困ることはまずありません。そのためひばりヶ丘では賃貸ではなく不動産を購入して、先を見据えたファミリー層にとても人気があります。